ルーターやサーバ、防犯カメラのフリーズ対策に。ネットワーク機器の死活監視(PING及びPORT監視)と遠隔電源制御が可能、自動再起動だけでなくTELNETコマンドやWOLにも対応。

旧トップページ

  • HOME »
  • 旧トップページ

 

NONフリーズが選ばれる理由

NONフリーズPORT監視

これまでのネットワーク機器の死活監視システムはping監視のみで行ってきました。しかし、サーバやルーターなどは機器内部のサービスが動作していないと、システムとして機能しているとはいえません。
その点、NONフリーズはPINGだけではなくPORTの監視も行えるので、サービスがきちんと稼働しているかどうかまで監視することが可能です。
また自動リブート機能を備え、PINGとPORTの両方で対象機器を監視し、一定時間、応答がなかった場合には自動で機器を再起動します。さらに、障害発生の復旧後と自動リブートを行った際は、その結果を予め指定したアドレスにメールでお知らせすることもできます。
このようにNONフリーズは、死活監視専用機器では国内で唯一「ポート監視」に対応し、ネットワーク関連機器で頻繁に発生するフリーズに素早く対応できるソリューションです。
ネットワーク機器事前トラブル回避
NONフリーズは予め設定しておけば、自動で全ての対象監視機器の不具合を検知し、自動リブートを行います。自動で行いますので、人の手を介さず、またトラブル発生の連絡がくる前に監視対象機器の復旧が可能です。
通常、監視を行いたいネットワーク機器は遠隔地に設置されていることが多いですが、ご自身のパソコンやスマホから監視対象機器の動作状況の確認・管理を行うことができます。さらに手動で再起動・操作したい場合など、遠隔地から行えますので素早く保守対応を行うことが可能となり、運用が飛躍的に楽になります。
 NONフリーズ高い信頼性

NONフリーズはOSを搭載しておりません。(他社のPING監視機器はOSを搭載。)OSを搭載しないことで、NONフリーズ自体のフリーズを防いでいます。
NONフリーズは冷蔵庫を代表とする24時間365日稼働が必要な家電機器と同等の回路設計およびプログラムの構成となっているため、それ自体の故障発生率が非常に低く、信頼性が高い製品です。
またNONフリーズは必要から生まれた商品のため、お客さまのニーズを拾い上げ、日々改良を続けています。
これからもバリューソリューションは、ネットワーク機器トラブルの解決に役立てるよう努めて参ります。

 NONフリーズ導入のメリット

1.死活監視による自動リブート機能

死活監視の対象機器をpingとportで監視し、不具合時には自動リブートします。
不具合時およびリブート結果などはメールでお知らせします。

2.死活監視専用機器では国内で唯一PORT監視に対応

サーバーやルーターなどは、機器内部のサービスが動作していないと意味をなしません。
NONフリーズはpingだけではなくportの監視も行えるので、応答があるかどうかを継続的に把握し、サービス障害を検知し、死活監視することが可能なツールです。

3.無人運転機器の死活監視に有効

NONフリーズは自動で対象監視機器の不具合を感知し自動リブートを行います。
自動で行いますので人の手を借りなくとも監視対象機器の復旧が可能です。
復旧後はメールにてお知らせすることが可能です。
復旧メールが受信できない場合は、監視対象機器の故障だと推測することができます。

4.保守業務のサポート

NONフリーズは遠隔からも死活監視対象機器の動作状況の確認を行うことができます。
手動で再起動させたい場合は遠隔地から手動リブートを行えますので素早く保守対応を行うことが可能です。

5.クラウド型監視サービスも利用可能です

ネットワーク接続している多数のNONフリーズ情報を遠隔で監視できるよう、webページ上から一覧管理を行うクラウドサービスを提供します。
予めユーザ登録を行い、指定されたwebサイトにログインすることで、接続されているNONフリーズの状態をセキュリティの高いサーバ上で監視し、正常・異常のステイタスも一覧表示されます。今後のIoTの普及に伴って益々重要となるネットワーク機器の監視に対し、今後も様々なソリューション提供を進めていきます。

NONフリーズの導入事例はこちらから

お気軽にお問合せください TEL 03-6777-6606 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © バリューソリューション株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.