死活監視(ping監視・ポート監視)とネットワーク機器の遠隔電源制御・自動再起動が可能

Case

導入事例

Case8:大型LEDビジョンへの導入

導入前

現場急行対応

トラブルが発生するとお客様からの一報で現場急行復旧対応。度重なるクレーム対応に追われ、仕事が手に付かず、更には経費の高騰が会社の負担となっていた。

NONFREEZE 導入後

自動復旧による大幅な経費削減

即時自動復旧が可能になったことで現場直行する必要がなくなり、大幅な経費削減及びユーザー様への安定運用が可能となり、信頼度の向上に繋がった。

Client 株式会社ジェイアールアイ様


株式会社ジェイアールアイは、広告デザインはもちろん、大型LEDビジョンやデジタルサイネージ、LEDライトパネルに広告用什器まで広告をキーワードに、お客様の笑顔を創造する会社です。
株式会社ジェイアールアイ様

導入背景

株式会社ミクシィ様は「ユーザーの創造や期待を超える価値を提供する会社」である。全長24m、高さ2.8mの巨大なLEDビジョンを本社新設時に設計したのもその一環である。
だからこそ、周辺機器のフリーズによって大型LEDビジョンが放映されず、映像が何も表示されていない事態は避けなければならない。
その高いブランディング意識と厳しい設置基準をクリアするためにもNONフリーズの導入は必要不可欠であった。

導入イメージ

ご担当者様の声

株式会社ジェイアールアイ
田中様

現在はほとんど(90%近く)のトラブルを「NONフリーズ」が気づかないうちに復旧に導いてくれるため、今までかかっていた現場直行の対応経費のうち約9割を削減でき、利益向上を実現することができました。
弊社は少人数で全国の案件に対応しているため、NONフリーズを導入することでトラブル対応の大幅な経費削減だけではなく、トラブルの一次切り分けが容易になったことも大変なメリットです。今後もNONフリーズを設置の基本仕様に盛り込むことで現場対応負担を減らしていきたいと思います。
お問い合わせ