死活監視(ping監視・ポート監視)とネットワーク機器の遠隔電源制御・自動再起動が可能

Case

導入事例

Case9:大型LEDビジョンへの導入

導入前

現場急行対応

事前にトラブルを把握することなく、お客様からの一報で現場急行復旧対応。往復の交通費、人件費、営業活動停止による損失。 ※1回の現場直行で平均5万円以上の損失

NONFREEZE 導入後

自動復旧による大幅な経費削減

異常検知からの自動復旧が可能になったことで、ダウンタイムの解消により、広告費の損失の100%の回避と人件費・保守経費約90%の削減が実現した。

Client 株式会社ビラハウジング様


お住まいの関係する全ての疑問など創立35年の豊富な経験でサポートする不動産会社。安心と信頼という基本理念の下LEDビジョンによる街の活性化を促す「ビラビジョン」を提案し、大田区を中心に9箇所運営・管理を行う会社です。
株式会社ビラハウジング様

導入背景

ビラビジョンでは、様々な企業様からの依頼で広告を放映しているため、STBやルータ等の周辺機器のフリーズにより、画面が映っていない状態が続くとお客様から広告宣伝費をいただくことが難しくなり利益の損失となる状況が続いていた。
また、東京都を中心に広く設置しているため、不具合が発生する都度担当者が即座に出向き、復旧作業を行うことが困難で、時間と経費がかさみ大きな損失となっていた。

導入イメージ

ご担当者様の声

株式会社ビラハウジング
代表取締役
林様

・広告が流れていない場合、クライアントに広告費を返金するリスク
・技術担当者がことごとくトラブル対応で走り回る、多大な経費の流出
弊社は上記の2大損失に頭を抱えていました。
現在はほとんど(90%近く)の機器トラブルを「NONフリーズ」が自動復旧してくれたり、アラートメールを送ってくれるため、今までかかっていた人件費のうち約9割を削減でき、経費の圧縮と同時に損失防止を同時に実現することができました。
お問い合わせ