死活監視(ping監視・ポート監視)とネットワーク機器の遠隔電源制御・自動再起動が可能

Case

導入事例

Case3:デジタルサイネージの自動復旧

導入前

現場急行対応

全国数百箇所の導入先でフリーズが起こって画面が映らないとダイドードリンコ株式会社様が連絡を受け保守管理担当者様が直ちに現場に駆けつけていました。

NONFREEZE 導入後

自動復旧による大幅な経費削減

不具合の90%以上を自動復旧させ、電源の抜き差しだけのために無駄な経費を支払う必要がなくなり大幅な保守コストダウンに成功しました。

Client ダイドードリンコ株式会社様

緊急災害時の情報伝達システム(デジタルサイネージ)への導入。
※ 自動販売機に併設する空き缶入れの上部に搭載したモニターと刑法ユニットで、気象庁が発報する緊急地震速報や大津波警報を光と音と映像でお知らせするシステムです。

導入背景には大型自身などの発生に備え、
人命を守るために緊急が意地の防災対策に注力する
自治体や企業が増加傾向で有ることと、
被害日本大震災発生以降、
災害時に飲料を入手できるインフラとして
自動販売機の存在意義が高まったこと。

ダイドードリンコ株式会社様

導入背景

会津鉄道株式会社様の場合、災害時以外は鉄道運行情報の伝達に主に利用されており、フリーズにより情報配信が停止すると直ちに復旧対応の必要がございます。その都度現場に出向くには往復の交通費、人件費、更には宿泊代金が必要になる場合も想定されます。必要経費が高騰することはもちろん、復旧までに何日もかかってしまっては万が一に備えた「災害時の情報伝達システム(デジタルサイネージ)」の役割を果たせなくなっていまいます。
しかし、ネットワーク機器のフリーズを100%無くす事は現状不可能であり、NONフリーズを導入すればフリーズが起こってしまった際の”早期発見、早期復旧”を可能にします。

導入イメージ
お問い合わせ